WithCodeMedia-1-pc
WithCodeMedia-2-pc
WithCodeMedia-3-pc
WithCodeMedia-4-pc
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

WithCodeMedia-1-sp
WithCodeMedia-2-sp
WithCodeMedia-3-sp
WithCodeMedia-4-sp
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

【2024年】生成AIでWeb制作はどう変わる?AI業界の動向や将来性など徹底解説!

2024年現在、AI業界の動向は目まぐるしいものがありますが、その中でも特に注目されているのが生成AIの進化です。

「生成AIでWeb制作はどう変わるのか?」という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

本記事では、2024年における生成AIの動向や生成AIがWeb制作に与える影響、そしてWeb制作の未来などについて詳しく解説していきます。

目次

2024年におけるAI業界の動向

近年、AI技術は進化を遂げ、私たちの生活に浸透し始めています。

AI技術の中でも特に注目を集めているのが「生成AI」です。

生成AIは、従来のAIとは異なり、文章や画像、音楽、コードなど、創造的なコンテンツを生成することができる点が特徴です。

Web制作の分野においても、生成AIは次々と革新的な技術を生み出し、業界の未来を大きく変えようとしています。

飛躍的な進化を遂げるAI

従来のAIは、大量のデータに基づいて分析や予測を行うことに特化していました。

しかし、生成AIはさらに一歩進み、学習したデータのパターンに基づいて新たなデータを生成できます。

そのため、まるで人間が創造したような文章、画像、動画、音楽などを生み出すことができるようになったのです。

また、風景画、人物画、抽象画など、幅広いジャンルの画像を生成することが可能であり、従来の画像編集ソフトの常識を覆すほどの技術と言えるでしょう。

広がるAI人材の需要

生成AIの急速な進化に伴い、AI技術を活用できる人材への需要が急拡大しています。

Web制作においても、生成AIを使いこなせるスキルは今後ますます重要になっていくでしょう。

従来のWeb制作は、デザイナーやコーダーによる手作業が中心でした。

しかし、生成AIの登場により、デザインや文章作成、コーディングや画像編集などのWebサイトの制作プロセスが大きく効率化されつつあります。

企業はAIを活用して効率化を図ったり、新たなサービスを開発したりすることを求めているため、AIスキルを持つ人材の需要は非常に高いです。

今後、Web制作業界で活躍したいと考えている人は、AI技術に関する知識やスキルを積極的に身に付けることが重要になります。

高まるAI倫理への関心

生成AIは、非常に強力なツールであると同時に、倫理的な問題もあります。

例えば、生成AIによって作成された偽ニュースやフェイク画像が拡散される可能性があります。また、偏見や差別を含んだコンテンツが生成される可能性も指摘されています。

そのため、生成AIを開発・利用する際には、倫理的なガイドラインを遵守することが重要です。

また、生成AIの限界を理解し、責任を持って利用することが求められます。

生成AIがWeb制作に与える影響とは

生成AIは、Web制作にも大きな影響を与えつつあります。

それでは、生成AIがもたらす具体的な影響について、5つのポイントに分けて詳しく見ていきましょう。

1. サイト作成の効率化

これまでは、複雑なアルゴリズムや定型的なコードを時間をかけて手作業で記述する必要がありました。

しかし、生成AIの進化により、サイト作成の効率化と自動化が急速に進んでいます。

例えば、生成AIは、自然言語や設計書に基づいてコードを生成できるため、より創造的なタスクや問題解決に注力できるようになりつつあります。

また、冗長な部分や非効率な部分を自動的に修正することもできるため、制作の効率化と品質向上が可能です。

2. デザイン作業の効率化と自動化

Webサイトのデザインにおいても、生成AIはさまざまな場面で活躍します。

例えば、生成AIでロゴやバナー画像、イラストなどを自動生成したり、レイアウトや配色を提案したりでき、デザイン作業の効率化と省力化が可能です。

さらに、生成AIは、過去のデザインデータやユーザーの好みなどを分析し、最適なデザインを提案できます。

生成AIを活用することにより、よりユーザーにとって使いやすいデザインを作成することができるようになるでしょう。

3. 個性的なデザインやアイデアの創出

生成AIは、単に既存のデザインを模倣するだけでなく、独創的なアイデアを生み出すことも可能です。

AIは膨大なデータセットから学習し、人間の想像を超えたデザインやアイデアを提案します。

そのため、デザイナーは固定観念にとらわれず、より自由度の高いデザインを生み出すことができるようになります。

4. 高品質なコンテンツの自動生成

Webサイトやブログ記事、SNS投稿などのコンテンツ制作は、多くの時間と労力を必要とする作業です。

しかし、生成AIの登場によって、コンテンツ制作の効率化と質向上を大きく進めることが可能になりました。

例えば、ターゲット層やキーワードに基づいて、SEO対策も考慮したブログ記事を自動生成することができます。

また、商品説明、企業情報、サービス紹介など、Webサイトに必要な様々なコンテンツの自動生成も可能です。

さらに文章の内容に合った画像や動画を自動生成することもできます。

5. アクセシビリティの向上

生成AIは、Webサイトやアプリを全ての人に利用しやすくするアクセシビリティの向上にも役立ちます。

例えば、視覚障がい者向けの音声読み上げ機能や、聴覚障がい者向けの字幕生成機能などを自動で生成できます。

また、認知機能に障がいを持つ人でも理解しやすいように、文章を簡潔化したり、レイアウトを調整したりする際にも、生成AIを活用することが可能です。

生成AIとWeb制作の将来性

2024年現在、生成AIはWeb制作の現場でまだ広く普及しているとは言えません。

しかし、今後数年で技術的な進歩とツール開発が加速すれば、生成AIはWeb制作において不可欠な存在となるでしょう。

それでは、生成AIがWeb制作にどう影響するのか、詳しくご紹介します。

Web制作において生成AIの活用が一般的に

2024年現在、生成AIはWeb制作の現場でまだ広く普及しているとは言えません。

しかし、今後数年で技術的な進歩とツール開発が加速すれば、生成AIはWeb制作において一般的になることが予測されます。

生成AIの活用で、Web制作はより効率的なものになり、作業のスピードが格段に向上します。

また、生成AIは初心者でも簡単に使えるツールを提供することで、Web制作への参入障壁が下がり、より多くの人がWeb制作に参加できるようになるでしょう。

あらゆる作業の自動化が進む

生成AIがWeb制作の様々な工程を自動化し、作業効率が大幅に向上することが予想されます。

具体的には、以下のような場面で生成AIが活用が進むことが考えられます。

デザインやレイアウトの自動生成

デザイナーの指示に基づいて、AIが自動的にデザインやレイアウトの生成が可能です。これにより、作業時間を大幅に削減し、より多くのアイデアを試すことができます。

画像やイラストの自動生成

文章やキーワードに基づいて、AIが自動的に画像やイラストを生成できます。デザイナーやイラストレーターがいない場合でも、高品質なビジュアルコンテンツの制作が可能です。

コード生成

文章や設計図に基づいて、AIが自動的にコードを生成でき、コーディングの知識がない人でも、簡単にWebサイトの制作が可能です。

コンテンツ生成

文章や記事などのコンテンツを自動的に生成でき、SEO対策やユーザーエンゲージメントの向上に役立てることができます。

パーソナライズされたWebサイトを提供

生成AIは、ユーザーの行動履歴や嗜好を分析することで、一人ひとりに最適化されたWebサイトを提供できます。

例えば、ECサイトであれば、ユーザーの過去の購入履歴に基づいて、おすすめの商品を表示したり、興味のある商品を自動的にカートに追加したりすることが可能です。

また、AIはユーザーのデバイスや通信環境に合わせて、最適なデザインやレイアウトを提供することもできます。例えば、スマートフォンで閲覧しているユーザーには、スマートフォンに最適化されたデザインを表示したり、通信速度が遅いユーザーには、画像を軽量化したりすることが可能です。

このように、生成AIを活用することで、ユーザーに最適なWebサイトを提供できます。

AI時代に求められるスキルとは?

従来では、論理的思考力、問題解決能力、コーディングスキルなどが求められてきました。しかし、生成AIの登場により、これらのスキルに加えて必要なスキルが求められるようになっています。

ここでは、AI時代に必要なスキルについて、詳しく解説します。

生成AIの仕組みを理解し、使いこなせるスキル

生成AIの仕組みを理解して使いこなせるスキルも重要になってきています。

生成AIの仕組みを理解することで、生成AIの能力を最大限に活かすことができ、生成AIの限界を知ることで、生成AIに頼りすぎない制作を行うことも可能です。

また、生成AIを活用した様々なツールが開発されているのが現状です。これらのツールを使いこなすことで、より効率的に行うことができます。

生成AIと共創できるクリエイティブスキル

生成AIは単なる作業自動化ツールではなく、デザイナーや制作者と共同で作成するためのツールです。

そのため、生成AIを最大限に活用するためには、どのような指示を与えれば良いのか、どのような結果が得られるのかを想像する発想力が必要です。

また、生成AIによって生成されたデザインやレイアウトを評価し、必要に応じて修正するデザインセンスも重要になります。

変化に対応できる柔軟性

AI技術は日々進歩しており、新しいツールや機能が次々と登場しています。そのため、常に新しい情報にアンテナを張り、変化に対応できる柔軟性が必要です。

Web制作においては、生成AIによって自動化できる作業が増える一方で、より創造性や専門性を求められる仕事も増えていくでしょう。そのため、幅広いスキルを身につけ、常に学び続ける姿勢が重要になります。

AIを活用したWebサイトの作成方法

ここでは、AIを活用した具体的な作成方法を解説します。

1. 目的を明確にする

まずは、どんなWebサイトを作成するのか、何のために作成するのかを明確にしておきましょう。Webサイトは数多くの種類があり、コーポレートサイトやポートフォリオ、美容系、ブログなどがあります。

ご自身はどのジャンルで作成していくのかも明確にしておきましょう。マルチに作成するのか、特定のジャンルに特化して作成するのかで目的は大きく変わります。

2. テンプレートを選択

次に、さまざまなジャンルのテンプレートがあるので、ご自身の目的に合ったジャンルのテンプレートを選択します。

ご自身のポートフォリオまたはクライアントの要望に合ったデザインを選択するのが良いでしょう。

3. パーツを追加して作成

テンプレートを選択したら、テキストや画像、動画などを追加して作成していきます。操作は基本的にドラッグ&ドロップなため、初心者でも簡単に操作可能です。

また、カラーやフォントを追加して、ご自身または、クライアントの要望に合ったデザインに落とし込んでいきましょう。

以下の方法を実践することでWebサイトの差別化を図れます。

  • カラーやフォントなどの統一感を出す。
  • ファーストビューにこだわる
  • お問い合わせや予約、決済機能などを追加し、利便性を向上させる。
  • ご自身やクライアントの強みなどを記載する。

作成が完了したら、アップロードをして完了です。

また、作成する際は、以下の点に注意しておきましょう。

  • 著作権侵害にならないように配色やフォントを変えるなどをしてオリジナリティを出す。
  • 情報は信憑性を確認してから搭載する。
  • SEO対策を行う。

Web制作に使える生成AIツール

生成AIの進化に伴い、プログラミングやWeb制作を支援する様々なツールが続々と登場しています。

ここでは、その中でも特に注目度の高いツールをいくつかご紹介します。

1. 10Web

10Webは、ご自身の要望に合わせて作成できる自動生成AIツールです。

Webサイトの種類や特徴、事業形態などを入力すると、それにあったWebサイトが作成され、作業時間を大幅に短縮できます。

レスポンシブデザインも生成されるので、素早く作成したい方に最適です。

公式サイト : https://10web.io/

2. Durable

Durableは、わずか30秒でWebサイト作成ができるAIツールです。

30秒だとクオリティの面で心配になるかもしれませんが、画像やフォーム、レイアウトなどがしっかり作成されます。

すぐにWebサイトを作成したい場合は最適のツールです。

公式サイト : https://durable.co/

3. Wix Studio

Wix Studioは、ノーコード制作ツール「Wix」に搭載している生成AIツールです。

画像や文章などをAIで自動生成し、作業時間を大幅に短縮できます。

また通常のWixより自由にデザイン性のあるWebサイトを作成可能です。例えば、Wixであれば横幅のサイズが980pxと制限がありましたが、その制限がなく、自由にレスポンシブ対応ができます。

コードサンプルの自動生成も可能なため、コーディングが必要な場合にも手助けになるでしょう。

公式サイト : https://ja.wix.com/studio

4. STUDIO AI

STUDIO AIは、ノーコード制作ツール「STUDIO」に搭載されている自動生成AIツールです。

自動でフォントスタイルやレイアウトを変更できたり、テキストにあった画像を追加できます。

STUDIOでは、より正確にデザインを表現できるので、デザイナーには最適のツールです。

公式サイト : https://studio.ai/

5. FRONT-END.AI

FRONT-END.AIは、AI技術を活用してWebサイト制作を自動化するローコードサービスです。

コーディングの知識がなくても、デザイン画面上で操作するだけで、HTMLやCSS、JavaScriptなどのコードを自動的に生成できます。

このツールを活用することによって、作成にかかる時間を大幅に短縮し、より効率的に高品質なWebサイトの制作が可能です。

また、デザインツールのFigmaとの連携を強化しており、Figmaのデザインを高精度でHTML出力できます。

公式サイト : https://front-end.ai/

まとめ

今回は、AI業界の動向やWeb制作に与える影響などについて詳しく解説しました。

生成AIは、Web制作の未来を大きく変える可能性を秘めており、活用することで、Web制作はより効率化、高度化、そしてパーソナライズ化されるでしょう。

今後、生成AIがどのようにWeb制作の現場を変えていくのか、注目していく必要があります。

WithCodeを体験できる体験コース公開中!

体験コースの内容

  • 期間:1週間
  • 学習内容:
    ロードマップ/基礎知識/環境構築/HTML/CSS/LP・ポートフォリオ作成
    → 正しい学習方法で「確かな成長」を実感できるカリキュラム。

副業・フリーランスが主流になっている今こそ、自らのスキルで稼げる人材を目指してみませんか?

未経験でも心配することありません。体験コースを受講される方の大多数はプログラミング未経験です。まずは無料カウンセリングで、悩みや不安をお聞かせください!

この記事を書いた人

WithCode(ウィズコード)は「目指すなら稼げる人材」というコンセンプトを掲げ、累計300名以上の卒業生を輩出してきたプログラミングスクールです。Web制作・Webデザインに関する役立つ情報や有意義な情報を発信していきます。

– service –WithCodeの運営サービス

  • WithCode
    - ウィズコード -

    スクール

    「未経験」から
    現場で通用する
    スキルを身に付けよう!

    詳細はこちら
  • WithFree
    - ウィズフリ -

    実案件サポート

    制作会社のサポート下で
    実務経験を積んでいこう!

    詳細はこちら
  • WithCareer
    - ウィズキャリ -

    就転職サポート

    大手エージェントのサポート下で
    キャリアアップを目指そう!

    詳細はこちら

公式サイト より
今すぐ
無料カウンセリング
予約!

目次